美味しいお米を通販購入するなら「白鳥ファーム」で!

減農薬で特別栽培した、安心安全なお米!

岐阜の清らかな水と豊かな大地で育ったお米を農家直送で!

美味しいお米の炊き方について
こちらでは、美味しいお米の炊き方をご紹介いたします。
ポイントを押さえて、更においしいお米を楽しんでみませんか。

ボールとザルを使おう
炊飯器の釜で直接お米を研ぐことに問題はありませんが、より一層美味しいお米を炊くために、ボールとザルを使用することをおすすめします。
お米は、水に触れるとすぐに水分を吸収し始めます。米ぬかのにおいをお米が吸収してしまうと、味の低下に繋がります。 ボールとザルを使って、水とお米が触れている時間を短縮することで、お米の持つ旨味を逃がすことなく炊き上げることができるのです。
直接炊飯器の釜を使用する場合には、先にお米を投入するのではなく、水を入れた釜にお米を投入するようにして、水と触れている時間を短縮すると良いでしょう。毎回、ボールなどに溜めたお水を一気に投入することをおすすめします。

手早く・優しく・洗いすぎないことがポイント
まず、一度水の中でさっとかき混ぜたら、水からあげて研ぐ工程に移ります。お米を研ぐ際には、ついつい力が入ってしまいがちです。お米を傷つけないよう、優しく研ぐことがポイントになります。お米に付着している米ぬかなどは、かき混ぜるような感覚でも十分に取り除くことができます。洗米1回、研ぎ2~3回と考え、特に、洗米と1回目の研ぎは手早く行いましょう。白濁はお米のデンプンが溶け出しているもので、多少の白濁は気にしないことです。
洗いすぎ、研ぎすぎは、お米の旨味も栄養も一緒に洗い流してしまうことになります。お米を研いだ後は、一度水切りをして炊く量に合った水を加え、30分~1時間ほど浸水させてから炊くのがポイントです。

余分な水分を除くとともに、蒸らしの時間を作る
ご飯が炊き上がったら、炊飯器の裏蓋の水滴を軽く拭き取り、空気を入れ水蒸気を飛ばすように、しゃもじで優しくほぐしましょう。お釜の縁に出来るだけ接触しないよう中央部分に盛り上げることで、接触による乾燥や水分でのベタツキを抑える事が出来ます。また、すぐにお茶碗に装ってしまうのではなく、10分程度の蒸らしの時間を作ります。そうすることで、ふっくらとしたご飯になるのです。
(炊飯器によっては、炊き上がり時間に蒸らし時間が含まれているものもあり、確認してください) 。

白鳥ファームでは、通販にて夢ごこちやはつしも、ミルキークイーンなどの美味しいお米を販売しております。白鳥ファームのお米は、減農薬栽培で栽培した減農薬米を取り扱っておりますので、小さいお子様からご年配の方まで、安心して口にしていただけます。


特別栽培
ショッピングカート

★   夢ごこち/ハツシモ
大幅値下げ   ★

期末決算

7~12%の

プライスダウンを実施しました。


  • すべて
  • 食べ比べセット
  • 夢ごこち
  • はつしも
  • ミルキークイーン
  • コシヒカリ
  • もち米
  • 米粉・パンミックス
  • 特別提供商品